読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高坂夏海ブログ =こんそめじゃーなる・改=

うたつくりびと・高坂夏海のブログです。

短期集中連載: 唐突にシャゼイ先生(JC Chasez氏)の話をしたくなったので書いてみた Episode 7

ごきげんよう。高坂です。

本日もまいります、短期集中連載。
スキッツォ日本盤発売日が12年前の3月10日だったので、それまでに何とか完結させたいとは思っているのですが・・・実は数日後ろ倒し(汗
そもそも個人の雑感なのに、何でこんなとんでもない長文になったのだ、とか自分で思うことはいろいろあります。ありますが・・・許してくださいorz
一応今回が丁度折り返し地点(の予定)です。
 
前回までの更新はこちら↓
 
前回はKate周辺のお話でちょっと(というか大いに)脱線しましたが、今回は時系列に乗っかります。2007年秋、インシンク時代から所属していたレコード会社JIVEを離れたシャゼイ先生。ここからがシンガーソングライターJC Chasezさんとしては第2章、といったところでしょうか。
今回は2008年から一気に2012年くらいまでを追ってみました。この辺からはリアルタイムで殆ど知らなかった世界。(特に、高坂の手元にある2010年の資料が少なすぎるので、知っている方いらっしゃいましたら教えてくださいm(_ _)m)
2016年3月30日、Westlifeの件とEurovisionの件を追記。・・・しかしどうせならもっとポジティブな話題を追加したいorz
※2016年4月26日、Killer Movieと21 and a Wake-Upの詳細、Rock Of Agesの参考リンクなどを追加。(情報を提供いただきました。ありがとうございました。)
楽曲提供関連は今は省略。Episode9以降で一気に纏めます。
 
2008年
 
・TVドラマ「Las Vegas」シーズン5にゲスト出演。お芝居はもちろんのこと、劇中でピアノ演奏やギターの弾き語りまで披露されている、ファンにとっては非常に美味しい(であろう)エピソードだったかと。
 
・MTVの新番組「America’s Best Dance Crew」に審査員の1人として出演が始まる(!!)。
2月〜3月にSeason1、6月〜8月にSeason2。
 
・インディペンデント映画「Killer Movie」に出演。(日本に入ってきていない上、そもそも残っている情報が少ないので、最初はキャストにいらっしゃることしか確認できませんでした。どんな映画なのだ・・・?)
(2016/04/26追記)情報を提供いただいたので見てみました。怖 か っ た ・・・(大泣)!高坂のようにホラー系、グロい系がダメな方にはお勧めできません。結構トラウマになりますorz ちなみにシャゼイ先生は、序盤で唐突に解雇されるTVディレクター・Ted役(何で役柄でも不憫なのさ・・・←)。序盤がいちばんの見せ場というのも何だか、と思いますが最初がようつべに挙がっていたのでこっそり貼っておきます。ここの部分だけならまだ大丈夫です、念のため。
 
2009年
 
・「America’s Best Dance Crew」
1月〜3月にSeason3、8月から9月にSeason4
 
・映画「21 and a Wake-Up」に出演。

21 and a Wake-Up (2009) - IMDb

(これも日本には入ってきていない様子。レビューを見るとベトナム戦争時の実話が基らしいです。あう、気になる…←)
(2016/04/26追記)これも情報を頂きトレイラーを見ました。
うーん・・・少し重そうだ。シャゼイ先生はお医者様(Dr.Tom Drury)役。0:32辺りからちょこっと出てらっしゃいます。
 
Westlifeのアルバム「Where We Are」に楽曲提供するかもしれなかった、らしい。(Westlifeと楽曲制作をしていた話がご本人のTwitterに挙がったようですがすぐ消えたとのこと。結局アルバムのクレジットにシャゼイ先生のお名前もなかったので、何らかの理由で流れたのでしょう。)
 
2010年
 
・「America’s Best Dance Crew」
1月〜4月にSeason5
 
・Eurovision Song Contest 2011にKristian Lundin、Carl Falk両氏と共に「Don’t Stop」という楽曲でエントリーするも予選段階で失格に。(未発表曲というルールがあったものの、エントリー曲が、既にシャゼイ先生の仮歌でネット上に挙がっている楽曲だったらしく、そこが引っかかった模様。おいおい…。シャゼイ先生ではなく他の方がやってしまったのかもしれませんが、楽曲以前になんだか、なあ・・・(汗))
 
2011年
 
・「America’s Best Dance Crew」
4月〜6月にSeason6
 
・6月、Richard Marxのコンサートにゲスト出演(インシンク時代に楽曲提供を受けたことがあるのでそのご縁?)。Marx氏と「This I Promise You」をデュエット。
 
・6月と8月、Matthew Morrisonのコンサートにもゲスト出演し2曲を歌われたとか。(こちらはおそらく、シャゼイ先生が楽曲提供したのでそのご縁?)
 
・Tony D'angeloの楽曲「Hum」 にコーラス参加(検索するとイタリアの映画監督が出てきますが、その方とは別人さんと思われます・・・。)
 
・12月「The Trevor Project」のチャリティライブ「Trevor Live」にてシンディローパーの「True Colors」をカバー。
 
2012年
 
・プロデューサーJimmy Harryとの共同プロジェクト、Girl Radicalが立ち上がる。
 
・「America’s Best Dance Crew」
4月〜6月にSeason7。このシーズンで放送終了。
 
・2011年6月にゲスト出演されたRichard Marxのコンサート「A Night Out With Friends」のCDとDVDが発売に。シャゼイ先生が参加されている「This I Promise You」も収録されています。
 
・カナダのシンガーKristina Mariaのシングル「Animal」に作曲+feat参加。
 
・(未確認情報)映画「Rock Of Ages」のサウンドトラックにコーラス参加されているらしい。映画自体も気になっていてずっと観れていないので、今がいい機会かしら・・・。聴けたら追記します。
(2016/04/26追記)
クレジットで確認できるサイトはこちら(情報提供頂きました、ありがとうございます)。
えー、何というかお歌的には2011年が一種の全盛期でしたねシャゼイ先生(O_O)
こんな沢山ステージで歌われる機会があって、いろいろな人が「遂に表舞台(音楽)にカムバックなのか…!!」と思ったのではないでしょうか。
(まあ実際は…(ー ー;))
 
(このビデオはいろいろ、どうなんだ…という心配はこの際置いておかせて頂き)「True Colors」のカバーは最初にシャゼイ先生を好きになった時の「This I Promise You」以来の鳥肌。しかも途中に唐突に差し込まれる「I'll be there」の一部。高坂にとっては非常に思い出の多い2曲がシャゼイ先生の声で…というだけで泣きそうでした^_^;
というわけで貼っておきます。ようつべには複数ありましたが、とりあえず音のよさを優先しました。
 
この際なのでついでに、Matthew Morrison氏のコンサートで歌われていた「Don't Stop Believin'」(JOURNEYのカバー)も。
カバー曲ですが、「こういうのを待ってた!」というファンの方は多かったのでは、と思います。
メディア的には沢山出てらしたようですけどね。
お芝居とか、「America’s Best Dance Crew(以下ABDC。アメリカのMTVで放送されていた、ダンスチームのオーディション番組。ざっくり言うとアメリカンアイドルのダンス版?でしょうか)」とか。
 
ABDCの審査員やってらしたことにはビックリしました。本当の意味で「シャゼイ’先生’」じゃないですか・・・!なんて身も蓋もないことを思ってみたり←
でも考えてみればシャゼイ先生のキャリアはお歌よりも踊りが先でした。(昔の話とかをまとめたドキュメンタリー番組内で、人前での初めてのパフォーマンスは地元のタレントコンテストにお友達とダンスチームを組んで出たこと(しかも優勝!)と紹介されてました。)
インシンク時代も凄かったですしね。
実際の番組は殆ど見れなかったので、番組内でのシャゼイ先生がどんなだったかはあまりよくわかりません。ただ2、3コメントしている様子を見た限り「是は是、非は非」とだいぶ率直な発言が多いように感じましたが、真摯にアドバイスをされているのは伝わってきました。(そういえば昨年リニューアルして新シーズンが始まったようですが、審査員も一新されていたので少し残念。)
 
そしてもうひとつ、高坂の中で非常にビックリした項目が2012年のところにあるのですが・・・それは長くなりそうなので次回書きたいと思います。一応次回で楽曲提供以外のあれこれを追うEpisodeは最後です。うまくまとまるかな・・・←