読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高坂夏海ブログ =こんそめじゃーなる・改=

うたつくりびと・高坂夏海のブログです。

短期集中連載: 唐突にシャゼイ先生(JC Chasez氏)の話をしたくなったので書いてみた Episode 1

海外の表現者 シャゼイ先生関連 音楽(鑑賞)

ごきげんよう。高坂です。

今朝出掛ける直前、突然フレンチポップっぽい曲が作りたくなったのですが、フレンチポップの知識が乏しすぎて早々に詰んでおります(ー ー;)
「夢見るシャンソン人形」も途中で「夢見る般若心経」に脳内変換されるくらいには知識がない高坂ですから。(←一応そういう歌もあります。検索すると多分出てきますよ。個人的には「おいたわし夜」での諏訪さんの無表情な木魚が忘れられない…)
暫くはアイデアだけ溜めておくことにします。
 
さて、昨日から唐突にアップし始めた短期集中連載。何を血迷ったのか、高坂の半径5m以内にシャゼイ先生を知って貰うのだ…!などと唐突に思い立って書き進めております。(自己満足極まりない)
前の記事: Episode 0 はこちら。
お歌の動画は前の記事にも付けておりますが、
「そもそもJC Chasez氏って何者?*N SYNCって?」 という方も高坂ブログの読者さんには一定数いると勝手に想定しておりますので、今日は高坂なりに簡単にご紹介。シャゼイ先生個人のウィキペディアは日本語ページなかったですしね…。(…というわけで私が書きました^_^;)
→ただし*N SYNCの項目はもともとあるので、気になった方は「インシンク」で検索してみると出てきますですm(_ _)m
 
アメリカでは1998年〜2002年くらいまでの間、BSBと並んでアメリカのboyband(男性アイドルグループ)界を牽引したと言われている*N SYNC。どちらも同じレコード会社に同じプロデューサー/マネージャーのもとに結成されていて、グループの息合ったパフォーマンスやハーモニーが高く評価されてきました。
BSBが楽曲の親しみやすさや歌の聴きやすさに傾くのであれば、*N SYNCはダンスをはじめパフォーマンスの完成度とサウンドの多様さが強みかなと勝手に思っています。
個人的な主観では前者がSMAPなら後者は(いちばん初期の)EXILEのような感じだと思っていました。(異論は認めますが、一応高坂が昔思ったことというだけなのでご容赦を。) …この辺りは4月のBSBナイトでもうちょっと突っ込みます。
 
それはさておき。日本ではBSBの方が遙かに知名度は高そうですが、本国アメリカでは彼等と人気を二分していたと言ってもいい*N SYNC
画像は18年前に出たファーストアルバム。何でそんな古い画像にしたんだと言われるとアレですが…個人的に5人のビジュアルが総合的に好きなジャケットがこれしか(おっと誰か来たようだ)。
f:id:kouzakanatsumi:20160221163937j:image
左から敬称略で
Chris、Lance、JC、Justin、Joey。
1998年にヨーロッパ→アメリカのルートでCDデビューし(ここはBSBも同じですね)、活動休止される2002年までに4枚のアルバムをリリース。どれも記録的なヒットとなりました。
右から2番目のJustin (Timberlake)はグループ活動休止後はソロアーティストとしても結構人気になっているので、もしかしたら単体でご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。
グループではJCとJustinがだいたいリードボーカルをとっており、曲作りにもこの2人が積極的に参加されてました。グループ休止後は、ChrisとJoeyは役者業をしたり様々なテレビ番組などで見かけるようなタレントさんになってらっしゃるよう。Lanceは2006年に自らゲイであるというカミングアウトをされた後、パートナーと同性婚。一連の話題やご自身の社会的活動等も相まって結構メディアにも出てらっしゃる様子です。
 
そして、上記ジャケットでも堂々センターにいらっしゃる、我らがJCシャゼイ先生。
インシンク時代から曲作りやサウンドプロデュースに興味を示されており、グループのアルバムにも結構な曲数で参加されています。
グループ活動休止後2002年にソロシングルを発売。そして2004年に満を持してファースト(にして暫定唯一の)ソロアルバム「Schizophrenic」(読み方は「スキッツォフレニック」:意味は「精神分裂症」等。なかなか衝撃的なタイトル…)をリリース。

 

スキッツォフレニック

スキッツォフレニック

その後12年経ちますが、ご自身の活動よりは他のアーティストさんへの楽曲提供の方がメインフィールドになっているようです。それはそれで素敵なことなのです、が…。
この12年間については高坂も断片的にしか追っかけてなかったため、改めてと思い昨年末からがっつりと調べてみておりました。極東の地で得られる情報は同じネットでもアメリカ程多くはないので曖昧なお話も多々あったのですが…それでも調べれば調べるほど驚くようなことも沢山。
その辺りは次回から少しずつ書いていこうと思います。
 
インシンク時代のライブ動画があったのでこっそりと貼っておきます。シングルではなくアルバムの曲なのですが、楽曲もパフォーマンスもとてもカッコいいと思いますので宜しければ。ちなみにこの曲もシャゼイ先生が制作に参加してます。
「Digital Get Down」
というわけで、続きはまた次回。漸く次から本題、という気がしてきました。前置きが長過ぎて本当にすみません…。
今日は1日お休みのはずだったのですが、急遽ミーティングが入ったので今から行ってまいります。
春のライブのご案内ももう少しで解禁になるはずですので、もう暫くお待ちくださいませm(_ _)m