高坂夏海ブログ =こんそめじゃーなる・改=

うたつくりびと・高坂夏海のブログです。

高坂より御礼〜1月12日 in 試聴会20.5夜 スーパー戦隊ナイト〜

 

ごきげんよう。高坂です。少し間空きましたが、改めて今年最初の試聴会後記です。(ブログの毎日更新はなかなか難しいなあ・・・orz)
2017年最初の試聴会は、いつものカバー・オリジナル比率が逆転してカバーメインでお送りする通称「.5夜(てんごや)」。8月の不惑ナイトや昨年も何度かやりましたアーティスト縛りの回にわりと反響を頂けましたので、気が向いた時にはやりたい放題やってみよう、と勝手に恒例化することになりました←

 

そんな今回の.5夜(第20.5夜)のテーマは「スーパー戦隊」。40年の歴史あるシリーズなので全部ご紹介するには90分では足りない・・・!というわけで、今回は高坂が今まで見てきて好きだった作品のご紹介を中心にお送りしました。
楽曲も基本カバーなのですが、2曲だけ高坂の自作曲。いろいろな作品を紹介しつつ、高坂の曲にもちょっと絡められるお話が出来たかなと思います。お楽しみ頂けましたでしょうか?

 

今回のセットリスト+勝手な解説は以下。

1. Catch The Wind (前田達也/激走戦隊カーレンジャーIN/1996)
高坂の戦隊ヒストリーはジェットマンから始まるのですが(放映当時5歳だったので理解できていたかどうかは謎)、小学生の時ハマっていた作品が1995年のオーレンジャーとその翌年にやっていたカーレンジャー、そしてそのまた翌年のメガレンジャー。作風は見事に違うのですが、3作ともわかりやすくて面白かった記憶があります。カーレンジャーは挿入歌も結構多くサントラを聴くだけでも楽しいのですが、この曲は作品屈指の爽やかソング。こういう曲で始まる高坂ライブというのも珍しいのではないでしょうか(それもどうなんだ)。

 

2. Love Forever(宮永尚美/電撃戦隊チェンジマンIN/1985年)
高坂の生まれた年に放送されていたのが、このチェンジマン。私は大人になってから初めて見たのですが、チェンジマンの5人も彼らの周りにいる人たちもみんなかっこいい(色々な意味で)ので勝手にオススメしたいところです(今はDVDやブルーレイ、配信コンテンツが充実しているので有難いですね)。チェンジマンの曲を歌ってらっしゃるのはほぼ影山ヒロノブさんなのですが、この曲と女性戦士のテーマだけ宮永尚美さん。中低音がかっこよくて密かに憧れなのです。

 

3. 黄昏の荒野 (作詞・作曲:高坂夏海/2016年)
オリジナル曲。全ての特撮俳優に捧ぐ曲。もともとは、この競争激しい世界の中ででも、私の大好きな人たちはどうにかこうにか生き残って欲しいなあ…と思う気持ちから歌詞を書きました。曲はその時ブームだった俳優さんをイメージしたらああなりました。この曲、まさかの試聴会3連続登板。いいなと思ってくださる方がいらしたら嬉しい限りです。

 

4. COSMIC WORLD (大木理紗/電磁戦隊メガレンジャーIN/1997年)
メガレンジャーは個人的名曲が多くて選曲に物凄く迷いました。「私らしく明日へ」(メガイエローのキャラソン)や「Eighteen,Eighteen」(終盤の挿入歌)なんかもやる方向で音取りしていたのですが、結局自分の一番好きな曲に落ち着きました。宮永尚美さんと同じくかっこよさをいつも真似したくなってしまう大木理紗さんのお歌。毎回、あんまり真似にならないように気をつけながらカバーしております。

 

5. 永遠に…(五條真由美/魔法戦隊マジレンジャーIN/2005年)
マジレンジャーもキャラソンや挿入歌が充実していて面白いのですが、その反面作中1度しか使われていない曲も多くちょっと残念な気も。この曲も1度しか出てこなかった曲です。魔法がモチーフなのに意外と幻想的な曲が少ない作品の中でも、ただひたすら綺麗な曲。五條真由美さんって結構パワフルな歌唱が売りな方だと思っていたので、こういう歌は新鮮と思いながら聞いていました。これはまた歌ってみたいです。

 

6. 暗闇の在処 (大口兼悟/列車戦隊トッキュウジャー IN/2014年)
今回のカバーでは一番新しい曲ですね。現行戦隊のジュウオウジャーを除くと、ここ4〜5年で一番好きだったのがトッキュウジャーなので、このあたりは結構時間を割いてプレゼンしてましたw
トッキュウジャーもいい曲いっぱいあってサントラもオススメなのですが、中でも敵のキャラソンがみんなカラーが違って楽しいのです。大口さんのお歌もとてもかっこいいので、是非是非原曲も聞いていただきたいです。

 

7. 二月の森、金色の雨 (作詞:高坂夏海、作曲:須賀博司/2017年)
オリジナル曲で今回の新曲。裏テーマは、特命戦隊ゴーバスターズの陣マサトに捧ぐ曲(厳密には、陣に繋がらない定期連絡をしているJ…を見つめるヨーコ…のイメージ)。歌詞を書いたのがちょうどヘリオのレコーディングをやっていた時期、ということもあって、何気ない話の流れから興味を持って?くださった須賀さんに作曲をオファー。資料としてゴーバスターズの背景とかを掻い摘んで説明したファイルをつけたのですが、よく見たらそれが「ヒロムとリュウジの出てこないゴーバスターズのあらすじ」だったのでお二人のファンの方すみませんでした。曲的には寂しいですが気に入っています。

 

8. ETERNAL WIND (高山成孝/タイムレンジャー 45話ED/2000年)
本編最後は個人的にいちばん好きなタイムレンジャーから、世紀をまたぐ瞬間に使われた名曲を。タイムレンジャーは制作陣の意向なのか、なかなか子供が歌えないような複雑な曲が多いのですが、それがかえって幅広い世代にファンを増やしたのかなー、と思ってみたり。コード取りは昨年やったカバー曲の中でもいちばん難しかった気がする、とだけ書いておきます。私にとってはいい挑戦でした。

 

EC. 虹色クリスタルスカイ (速水けんたろう/オーレンジャーIN&最終回ED/1995年)
アンコールありがとうございました。最後は私と同世代の戦隊ファンなら1度は聞いたことがあるだろうと踏んで、90年代戦隊ソングでもトップ5に入るであろうこの名曲を(・・・とか言って高坂がオーレンジャーで一番好きな曲はOPなのですが^^;)。ピアノで弾くにはなかなか難しい曲でしたが、一度やってみたかったので弾けてよかった。最後の掛け声にお付き合いくださった皆様もありがとうございました。

 

3、7 が自作曲。残りはカバーでした。

高坂の好みに沿った結果年代や作風が偏ってしまうのは申し訳ないのですが、1作品でも気になる作品があれば幸いです。そこがとっかかりで、もしかしたら本当にお好きな作品が見つかるかもしれません。40年の歴史がもたらす可能性は計り知れません。スーパー戦隊というジャンルに少しでも興味を持って頂けましたら是非ともいろいろな形で検索してみてくださいね♪

今回、特撮ソングは個人でも意外と反響があるということを知りましたので、調子に乗って次の.5夜(4月)はメタルヒーローにしようかなー…なんてぼんやり考えてもいます。もし今回面白かった、と思ってくださった方や、今回行けなかったけどまた特撮ソングやるなら…と思ってくださってる方がいらっしゃいましたらその時是非。
また決まったらブログにてご案内させて頂きます。

 

続けて1/21のライブ後記書きますが、1/28にはヘリオトロープのレコ発もございますので、こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

f:id:kouzakanatsumi:20170421132112j:image