高坂夏海ブログ =こんそめじゃーなる・改=

うたつくりびと・高坂夏海のブログです。

高坂が勝手にオススメするboyband songs10選~Ballads編~

ごきげんよう。高坂です。

前回から突発的に始まった「高坂夏海が勝手にオススメするboyband songs10選」。ただの自己満足で突き進んでおります。前回がアップテンポ系/ダンス系で10曲紹介しましたので、今回はバラードで10曲まいります。

バラードはねー・・・一歩間違えば全部同じに聞こえてしまうのがリスキーなのですが、それも覚悟の上で、高坂が好きな楽曲を紹介させていただきます。皆様のお気に召す曲が1つでもあることを願って。

 

#10「Are You Gonna Be There」(*N SYNC

www.youtube.com

個人的にインシンクの隠れた名曲部門ナンバーワン。作詞作曲は、美しいバラードと言ったらこの人、との呼び声高いDiane Warren。高坂の大好きな作曲家さんのひとりです。何かの特典CD?に収録されていただけで長らくアルバムには入っていなかったのですが、2014年に発売されたベストアルバムに漸く収録。個人的にCメロ以降のシャゼイ先生が素晴らしいと思います。

 

#9「All Or Nothing」(O-TOWN)

youtu.be

O-TOWN(オータウン)はBSBやインシンクを見出したLou Pearlmanがマネージメントを手がけていたグループのひとつ。2003年に解散していますが、最近再結成していたようで。この曲はWestlife作品の作曲・プロデュースで知られるSteve Mac作曲。スタンダードなバラードです。

 

#8「Water Runs Dry」(Boyz II Men

www.youtube.com

Boyz II Menがボーイバンドのカテゴリに入るとは考えもしていなかったのですが、ハーモニー主体の男性ボーカルグループ、と考えるとなるほど、ということで彼らの曲でいちばん好きな曲のひとつをご紹介。Babyface作・プロデュースのヒットシングルです。

 

#7「Back For Good」(TAKE THAT)

youtu.be

アメリカのボーイバンドブームがNew Kids On The Block(もしくはNew Edition)から始まったとすれば、イギリスのそれはTAKE THATから、と言われている程の伝説的なグループ。この曲は彼らの1995年のアルバム「Nobody Else」からシングルカットされた楽曲。私はあまりこのグループに詳しくないのですが、Gary の歌声が好きなのか、彼がリードをとっている楽曲ばかり探しては時々聴いています。

 

#6「Closer To Me」(Five(5ive))

www.youtube.com

2001年に発売されたアルバム「Kingsize」から1曲。このシングルともう1枚を出して一度解散してしまったこともあって、MVがこれまでのFiveヒストリーのようになっています。ちょっと泣ける。歌声的にはJの低音が凄く好きなのですが、再結成の時に彼だけ加わっていなかったのがとても残念です(それどころか、もう芸能活動すらもされていないようですね・・・)。

 

#5「Unbreakable」(Westlife

www.youtube.com

アイルランドが生んだスターグループ・Westlifeの最初のベストアルバム「Unbreakable:The Greatest Hits Volume 1」に新曲として収録された楽曲。Westlifeは美しいバラードが本当に多くて、定期的に聴きたくなってはCDを引っ張り出しております。この曲、温かいし美しいしで凄く好きなのだけど、MVの結末が悲しいのがひとつだけ残念。

 

#4「Unmistakeable」(Backstreet Boys

www.youtube.com

BSBのアルバム「Unbreakable」から。Kevinが脱退している間の4人編成で出されたアルバムは、あまり評価が高くないという話も聞きますが、高坂は本作凄く好き。バラードに限定したとしてもいい曲は他にもあるのですが、高坂が本作でいちばん聴いている曲を選びました。

 

#3「Incomplete」(Backstreet Boys

www.youtube.com

もう1曲BSB。2005年発売のアルバム「Never Gone」からの第1弾シングル。寂しい歌ですが、非常に重厚なアレンジと最初と最後のピアノに強く惹かれます。ライブだとKevinがピアノ弾いてる時もあるのでそれも素敵。このアルバムは今までの作品に比べてバンドサウンドが強く、重厚さが増しました。アイドルという目線では語れないアルバムであり、楽曲になってきていると思います。

 

#2「My Everything」(98Degrees)

www.youtube.com

2000年に発売された3rdアルバム「Revelation」からのシングル。CDだと前トラック(I'll Give It All)から聴くと繋がっていて更に素敵です。メンバーのNick Lacheyが当時の恋人(Jessica Simpson)に捧げた曲で、それぞれの大切な人を想って歌われている、とても温かい歌です(最初にMV見たときは終盤で思わず泣いてしまいました^^;)。結婚式で歌われていたりしたら素敵ですね。

 

#1「This I Promise You」(*N SYNC
海外のボーイバンドのバラードで、敢えて1曲だけ好きな曲を挙げるなら、と聞かれたらこの曲と答えると思います。海外の曲に、海外のボーイバンドたちに、曲を作ることや歌うことに、ハーモニーを紡ぐことに、そしてシャゼイ先生に、全てに興味を持つきっかけになったのがこの曲です。作曲者Richard Marxについては以下の記事でしつこいくらいに語ってしまいましたので、気が向いた方はこちらもどうぞ。

kouzakanatsumi.hateblo.jp

この曲は何度かブログでも紹介しておりますので、ここではPVではなく楽曲として(ハーモニー的な意味も込めて)一番完成度が高いと思うライブバージョンをこっそりおいておきます。(曲は1:00くらいから)Atlantis Concertのバージョンも捨てがたいですが、全体的にはこちらの方がまとまっている気がしたので。

www.youtube.com

 

というわけで、バラード10曲をご紹介しました。結局BSBと*N SYNCが多くなってしまいましたが、前回とは違うグループもたくさんご紹介できたかな、と思います。本当は世界中にで活躍していたグループ、まだまだいます。そしてまだまだいい曲いっぱいあります。下手したらどれも同じに聞こえてしまうかもしれませんが、その時々によって琴線に触れる音楽も違うと思いますので、何か1曲でも皆様にとって「お!」と思われる楽曲があれば幸いです。

気が向いたら(そして皆様がよろしければ)、またやりたいと思います、10選シリーズ。ソロ名義10選、とか、特定のアーティスト10選、とか、まだまだやれそうなカテゴリは沢山あるので。
単なる自己満足ですが、また気が向いたらおつきあい頂けると幸いです。

というわけで、突発企画いったん撤収(礼