読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高坂夏海ブログ =こんそめじゃーなる・改=

うたつくりびと・高坂夏海のブログです。

Richard Marxとシャゼイ先生、あとMTVアンプラグドやカセットテープのお話。

ジャニーズ 趣味 音楽(鑑賞) 雑記 海外の表現者 シャゼイ先生関連

ごきげんよう。高坂です。

突然ですが、音楽、特に楽曲との出会いというものにはいつも、不思議なご縁があると勝手に思っています。
先日も自宅の段ボールから、NZの高校に通っていた時代に買い溜めたカセットテープたちが大量に出てきました。大半はboyband系かその時代流行っていたポップス曲なのですが、中にはこんなのも。
f:id:kouzakanatsumi:20160325204927j:image
高校の時は何度も何度も再生していたのに、後にCDも手に入れてしまったからか、見つけるまで持っていたことすら忘れていました。MTVアンプラグド2002年くらいまでのベストセレクションを集めたコンピレーションです。
The Very Best of MTV Unplugged

The Very Best of MTV Unplugged

 

 MTVアンプラグド、所謂アコースティックライブの企画。TOKIOの長瀬さんも2009年に出演されていましたね。

今では流石に全組全曲知っていますが、買った当初は2、3曲くらいしか知りませんでした。それでも買った理由はとにかくこの曲が聴きたかったから。
Eric Clapton「Tears In Heaven」。説明するまでもない名曲ですね。高坂がこの曲を知ったのは1997年くらいだったかな。TOKIO国分太一さんが当時やってらした深夜ラジオで流れていたのがきっかけです。洋楽へのファーストコンタクトはおそらくこの曲でした(でなければCeline Dionなのですが、ちょっと記憶が曖昧)。今ほど英語がわからなかったにもかかわらず、メロディとクラプトンの声が好きすぎて、深夜に布団の中でラジオを録音したカセットテープを何度も聞いてました。国分さんのトークすらもそっちのけでw
 
そしてそれから少し経ち、高坂の中でこの曲を凌ぐほどの名曲を、これまた国分さんのラジオで聴くことになるのです。(そう考えると国分さんの影響って凄いのかもしれない・・・。)
こちらも大ヒット曲。当時小学5年生(6年生かも)だった私は、ここで初めてRichard Marxの名前を知りました。その後彼の曲は長い間これしか知らなかったのですが、私が中学2年くらいの時に再びの出会いが。当時仲良くして頂いていたベーシストさんがくださったカセットテープにたまたまMarx氏の曲がいくつか入っていたのです。(このテープ、アーティストも年代もバラバラだったのですがとにかく素敵な曲が多かった。Stingとかもここで初めて聴きました。)中でもいちばん印象に残っていた楽曲が「Right Here Waiting」。これも大ヒット曲です。上記の「Now and Forever」もそうですが、とにかくメロディが美しいと思うのです・・・!
そんなわけで昔から何かと高坂の中で印象的だったメロディメーカー・Richard Marx。ご自身の活動は勿論のこと、90年代後半からは他のアーティストへの楽曲提供も増えてきました。そして実は、高坂が尊敬してやまないあの方のいるグループにも、曲を書いてらっしゃいます。
そう、JCシャゼイ先生率いるインシンク。しかもこの曲がきっかけで、私はシャゼイ先生にハマっていったのです。「This I Promise You」はテレビで初めて聴いた瞬間ひと耳惚れしました。楽曲にもシャゼイ先生の歌声にも。翌週くらいに大きい街に行く用事があり、帰りにこっそりCDショップに寄ってカセットを購入したのを覚えています。(私の住んでいた村は田舎すぎて、CDショップすら当時はなかったのです。雑貨屋とかで置いてあっても、新譜は発売から結構経たないと入ってきませんでした。)
f:id:kouzakanatsumi:20160325205108j:image
今はもうプレイヤーを手放してしまったので聴けませんが、このカセットテープはこれからも私の宝物にしていようと思います。
 
2011年にはMarx氏のライブでシャゼイ先生とのデュエット版も実現してます。インシンクの原曲も勿論大好きなのですが、私はこちらの方が数倍好きです。(ファンの方ゆるしてm(_ _)m)
 
ちなみにシャゼイ先生ご自身も、Marx氏の楽曲にはさまざまなご縁があるようです。
そもそも芸能界入りのきっかけとなった「ミッキーマウスクラブ(以下MMC)」のオーディションで歌われていた楽曲こそが「Right Here Waiting」
こちらの動画の冒頭約10秒。何度かご紹介した、インシンク全盛期に制作されたドキュメンタリー番組の一部です。当時13歳(14歳?)のシャゼイ先生。(この番組についても何れじっくり記事にしたいところです。いろいろ興味深い。)
 
その後MMCでも「Now And Forever」をカバー。
これは1995年。シャゼイ先生当時19歳。
個人的にはシャゼイ先生とTony Lucca氏、このお二人のコンビネーションも素晴らしいと思うのですが…この話もじっくりと何れ!
 
ちなみに上記2曲以外で高坂が好きな曲はこちら。
「Chains Around My Heart」(1991)

youtu.be

「Until I Find You Again」(1997)

他にもいろいろいい曲ありますので、気になった方は是非検索してみてください。
高坂同様バラードが好きな方でしたら、オススメのアルバムはこちら。(ベストアルバムですが)
バラッズ

バラッズ

 

 私も、最初の5枚とベストアルバム2枚、あとシャゼイ先生もご出演のライブアルバムしか持っていないので、新しいアルバムたちも買っていろいろアップデートしようと思っています。

6月には4年ぶりの来日コンサートも決まりましたしね。うふふ、私もチケット当選したので聴きに行く予定です。今から楽しみ。
久しぶりに、ラブソングが書きたくなった高坂でした。
 
ラブソングをやるかはわかりませんが、今の高坂に出来るベスト弾き語りを目指し鋭意準備中。ソロライブは3/31夜です!
ご予約はツイッターでも受付中m(_ _)m
高坂のツイッター→@consolevega
 
[Ete Song Planet #40]
2016年3月31日(木)
Open19:00/Start19:30(出番時間同様)
会場:岩本町Eggman tokyo east
前売¥2,060 当日¥2,370 
出演:emiko、高坂夏海