読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高坂夏海ブログ =こんそめじゃーなる・改=

うたつくりびと・高坂夏海のブログです。

「私をオーチャードホールへ連れてって」

ジャニーズ 雑記 趣味 映画・ドラマ・舞台
・・・というタイトルの曲を昨年末勢いで書きました。
ごきげんよう。高坂です。

チケット争奪が激戦に激戦もいいところ、な坂本昌行氏ソロコンサート。いよいよ明日から開幕、ということで当日券(前日電話予約だけど当然のごとく繋がらず)も恐らく初日分ははけたのでしょう(というかそもそも何枚あったのかが謎)。
FC枠、3社プレオーダー、一般発売、今回の当日券・・・と全てに撃沈して涙を呑むファンの方も数多いことでしょう。私もです。
(チケット争奪戦参戦へ協力してくださった友人、音楽仲間の皆様にはこの場をお借りして改めて御礼申し上げます。巻き込んでごめんね><)
まあ、会場のキャパシティや公演日数対ファン数や期待度と考えると激戦は必至でしたので、プレオーダーが終了した時点から私も諦めモードでございました。
勿論、ちょっと悔しいのも本音。

高坂にとってはステージに立つ、ということへの興味を抱いたキッカケが坂本さんです。V6でもグループというよりも彼個人のみを見ている時期が非常に長かったのも、深くハマるキッカケが坂本さんのソロ作品だったからだと思います。(興味を持ったのは1996年、ハマったのは1999年、グループ全体のファンになったのは2004年)
その後海外でミュージカルにハマった途端私のもとに来た友人からのエアメールで知った「フットルース」の日本上演、しかも主役が坂本さん。そこから自分自身にも火がついたような気がしています。プロを目指したい、というよりも表現というものに真面目に向き合おうと思うようになったというか。あの時の衝撃がなかったら今の高坂夏海はいなかったかもしれません。

坂本さん主演のミュージカルの観劇はNEVER GONNA DANCEが初めてでした。(因みに高坂、2003年迄は海外在住。)いきなり東京が取れなくて、偶然取れたチケットを手に大阪まで行ったことを覚えています。
その後Pal Joey以外のミュージカルは全て見ました。(個人的に一番好きなのは「シルバースプーンに映る月」です。この辺りはポッドキャストでもお話ししたことがありました。)
プロのステージから学びたい!という気持ちも多々ありますが、純粋に好きで、楽しみたい気持ちの方が強いのがミュージカル(…と、最近は「おいたわし夜」←坂本さん全く関係ない)。作品自体に左右されることはあれど、それでもステージ上の坂本さんを見ることが、好きでした。

実力の有無はさておき、高坂個人が作るエンタメ作品にミュージカルの要素が欲しい、と常々思っているのはそんなところが起源だと思っています。仲間とミュージカルを作ったことだってあるし、トリオンプ文化祭で40分間の一人音楽劇をやったことだってありました。私を昔からご存知の皆様は特に、いろいろ影響を受けてるなー、という要素を沢山ご覧になっていたかと思います。(トリオンプでの音楽劇は黒歴史にしてしまいたいとどこかで思っていましたが、あれをご覧になっていた方が4年後に、私に朗読劇出演のオファーをくださるのですから人生はわからないものです・・・。)

自分もソロでライブをやるようになった直後には、取り入れられる何かを求めて青山明先生(坂本さんと何度も共演されていたり、井ノ原さん長野さんにお歌を教えられたり、でトニファンにも恐らく有名な元四季の俳優さん)にお歌を教えていただいた時期もありました。(最後まで歌を始めたキッカケが坂本さんだなんて言えませんでしたが、教えて頂いた楽曲も相まって多分バレていたと思います…)
今でも、教わったことが書かれているノートを、坂本さんの歌われる楽曲やミュージカルのサントラを聞きながらよく読み返します。自分はどれだけ吸収出来ているのだろうか・・・きっとまだまだだと思います。もう少し時が経ったら、今回のソロコンサートについての記事を読みながら、このノートもまた読み返すのだろうと思います。

・・・とまあ自分のことをいろいろ書いてしまいましたが、私を含め多くの人が期待していたと思うし、見たかったと思います、「ONE MAN STANDING」。
なので観に行かれるというとてもラッキーな皆様は是非、目一杯楽しんで来てくださいね!勝手ながら高坂からもお願いです。扱われる作品が作品なので可能性は低いとは思いますが、今抱いているほんの少しの悔しさを、一部でも映像化されることへの願いに変えたいと思っております。

OMS自体に対して思うことやツイッターや転売関連のあれこれ、出ている情報のあれこれなど、他にもいろいろ思うことはありますが、その辺りは冒頭で書きました、あの不思議なタイトルの楽曲周辺に全て込めましたのでそこで。
はっきり申し上げて高坂夏海(Console時代含)史上最大にくだらない曲です。
でも2月17日の試聴会でやります。ミュージカルを観て学んだことを全力で出せるよう準備してまいります・・・とこれ以上ハードルを上げるのは危ない。17日は頑張りますとしか言えません。

・・・結局最後は宣伝になってしまってすみません!そして何が言いたいんだこの記事は、と思われてたらすみません!
1%くらいはまだ諦められていない高坂の心の叫びでした。
ああリハのない6日夜なら・・・(諦めなさい)。

UNION ZEAL estacion#4
「音の織糸(フィラート)たち」
2016年2月14日(日)
会場:練馬 BE−born
開場12時、開演12時30分、CHG1500円(+1D)
出演:プルーミースカイ、ナツミさんにおこられる?!、LOTUS
f:id:kouzakanatsumi:20160204184321j:image
お席のご予約は各出演者か上記フライヤーのメールアドレス、または下記メールフォームまで。
(LOTUS扱いでのチケットも受付可能になりました。ご予約いただく際、メールフォームやツイッターでその旨追記ください。)
高坂のツイッター→@consolevega

楽曲試聴会第4期スタート!
高坂夏海楽曲試聴会Season4
「星織風景〜ステラ・パエサージオ〜 第12夜」
2016年2月17日(水)
会場:秋葉原カフェ・トリオンプ
Open19時15分/Start19時30分
CHG無料+カフェにて1オーダー
(予約等は不要です。直接お店にいらしてください。)
S4初回のテーマは「恋と乙女と少女漫画」です。